飛行機に乗らなくてもマイルを貯められる方法が存在する

多岐に渡るクレジットカードの魅力的な利用方法

一昔前に、陸マイラー(おかマイラー)という表現が流行しました。 それはどういうことかといいますと、実際に飛行機に乗って空を飛ばなかったとしても、陸のアクティビティのみでマイレージをためる人のことをさしたものでした。 その言葉を聞いて、そんなことは可能なんだろうか?と思う方も多いかもしれませんが、実際に、それを可能にしてくれる方法があるということなのです。 それは、クレジットカードを使うということです。

普通のクレジットカードでは、なかなかマイレージをためることは難しいのですが、主要な航空会社のほとんどは、マイレージプログラムと提携しているクレジットカードがあるので、それを使うと自然とマイレージがたまってゆくのです。 もちろん、マイレージのたまり方は、それぞれのクレジットカードの種類や航空会社のマイレージプログラムとの規約で決まるのですが、一般的には、100円クレジットカードでお買い物をすると、1マイルたまるものや、200円のお買い物で1マイルたまるものがほとんどです。

例えば、100円で1マイルたまるクレジットカードを持っていたとして、10000円のお買い物をした場合には、100マイルたまるということになります。 たった100マイルと感じるのか、100マイルもたまると思うのか?は人それぞれですが、考え方によっては、やはり100マイルもたまるというのが正しい見方でしょう。 年間100万円のお買い物をクレジットカードで行えば、10000マイルがたまります。 10000マイルと言うのは、実際の旅行で考えると、北米の往復マイル相当になりますから、そう考えればかなりのマイル取得率と言えるのです。 国内の航空会社であれば、10000マイルあれば、日本全国往復でどこでも旅行できるということも多いので、100万円のお買い物をしたら、北海道に往復ただでいけると考えるとすごいことです。一般のクレジットカードで100万円を使って、ポイントをためたとしても、そのポイントで好感できる品物は1000円くらいのものということも少なくないので、やはり、マイルがたまるクレジットカードはとてもお得と言えます。

ただし、いろいろな航空会社がクレジットカードと提携しているからと言って、複数のクレジットカードを複数種類のマイレージのために保有することは、あまり効率がよいとはいえないかもしれません。 できれば、1つか2つの航空会社に絞ってマイルをためたいものです。

マイルはさまざまなものに変える事が出来るので、集める人も多くなります。それは家電量販店のポイントカードシステムなどと同じ感覚なのかも知れません。もちろん現金が増える事が一番いいとわかっていながらも、現金をそのまま還元してくれるシステムというものはないので、ポイントバックなど厳禁として認識できるもので還元させることで、よりお得な気持ちになれるというわけです。

では、還元などではなく現金が直接的に必要になった際にはどうしたら良いでしょうか?例えば消費者金融などキャッシングでお金を借りるということはできますが、それは実質自分のお金が増えたという事にはなりません。手っ取り早いのは何かものを売ることですが、早々まとまったお金になるものを持っていたりはしないものです。

そんなときにはマイル換金よりも率の良いクレジットカード現金化を視野に入れてみると良いでしょう。クレジットカードの現金化とは一体どんな事なのか?と知らない人も多くいると思いますので、そういった人はまず情報を調べ、どのようにして現金を生んでくれるのかを確認してみると良いでしょう。マイルを貯める為に買い物で使用したり、いざという時は現金化できたりとクレジットカードに出来る事は想像以上に多いのです。