サイコロの目によるFXの取引手法

FXで利益を出すため手法には、様々なものがあります。チャートなどを用いる手法は、数多いものですが。その中には、ちょっと特殊かつシンプルな手法も有るのです。
例えば、サイコロに用いる手法があります。そもそもFXは、買いか売りかの二択です。そのため、たまにFXは「丁半博打」に似ているという意見を見かけますね。丁半博打とはサイコロの目を振ってみて、その目が偶数になるか奇数になるかを選ぶ博打です。FXの売買の判断を、サイコロに委ねるというやり方がある訳です。
例えばサイコロで奇数が出たら、買うとしましょう。そして偶数の芽が出た場合は、もちろん売り注文をする訳です。試しにサイコロを振ってみたら3の目が出たので、その場合は買い注文をするといった具合です。極めてシンプルな手法ですね。
実際に過去にこのやり方で、利益を出した方がいらっしゃるそうです。その方の場合は、以前はあまり勝率が良くなかったそうなのです。独自のやり方でFXの取引をしていましたが、勝率が50%に達しない状況だったのです。
そこでその方は考え方を180度変えて、サイコロの目に全てを任せる事にしたそうです。サイコロの目が偶数か奇数かは、単純計算で50%ですね。単純計算で、FXの勝率は50%になると予想したそうなのです。そして予想通りになって、その方は利益が出せるようになったそうなのです。
考えてみれば、すごい話だと思います。しかし理屈で考えれば、確かに利益が出そうですね。ですので自分の手法による勝率が50%を下回っているようでしたら、ちょっと上記のサイコロはぜひ試してみる方が良いのではないでしょうか。
ちなみに上記のようなやり方は、FXの応用版であるバイナリーオプションにも利用できるかと思います。
何しろ一度は、サイコロのやり方を試してみると良いと思います。案外とその方法で、利益が発生してしまうかもしれません。
そのようなシンプルな手法に限って利益が発生する事が多いのが、FXの興味深いところだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>