FXで利益をだす

FXで儲けるために

FXで儲けるために一番大事なことはタイミングよく投資することです。当たり前に聞こえるかも知れませんが、このことをよく理解していない方がたくさんいると私は思っています。

FXでのいいタイミングでの取引とは、トレンドに即した売買を心がけることだと思います。つまり、円がドルに対して何ヶ月も値下がりしているのにもかかわらず、これから円がドルに対して上がると儲かるような所謂逆張りのポジションを持ってはならないと思います。

だから、短期間にFXの売買を繰り返し行なうからといっても、基本FXでは所謂順張りと呼ばれる方法でポジションを持つほうが、非常に安全な取引方法だと私は考えています。

なぜならば、FXで順張りのポジションを取ったときに、含み損がある程度出たときには、その取引が間違ったタイミングでのエントリーだったとわかるからです。

しかし、逆張り場合は、通貨の反転ポイントはどこかを正確に当てることは非常に難しいので、逆張りの場合は常に含み損がでることを前提に取引するので、損失を確定する場合の判断が非常に難しいと思うからです。

利益を出すチャンスが多いFXの投資

FXの投資はたくさんのお金を稼ぐことができるのが魅力の投資ですが、それ以外にもいくつかの魅力があり、その中の一つに利益を出すチャンスが他の投資よりも多いということがあげられます。

そしてなぜFXの投資は利益を出すチャンスが多いのかというとまず外国為替の取引は基本的に平日であれば24時間取引をすることができるからです。なぜなら外国為替の取引は日本だけで行われているわけでなく欧州やアメリカなど世界中で取引をされているからです。そのため株式の売買のように平日の昼間だけでなく、夜や夜中も取引をすることができます。

それからFXの投資は買いからだけでなく売りからも取引をすることができます。そのため日本の経済が円安の場合だけでなく円高の場合でも利益を出すことが可能です。そのためあまり経済状態に影響されることなくできる投資であると言えます。

このようにFXの投資は利益を出すチャンスが多いので、社会人の人も副業としてやっている人が多いです。

FXでは投資の方法が大事

FXは外国為替証拠金取引

こういった書き方をするととても難しいもののように感じてしまうかもしれませんが、実際は海外旅行に行く時のお金の両替を考えてもらえばわかりやすです。
仮にアメリカに旅行に行く時に1ドル100円で両替を行って旅行から帰ってきたら1ドルが110円になっていたとしたら、単純に考えると10円特したことになります。
しかし、反対に90円になっていたらこれは10円損をしたことになります。
このような為替の変動を利用して差額から利益を得ようとするものがFXです。
わかりやすく簡単で、インターネットを使えば誰でも行うことができるので最近は副業や投資の一つとして利用されることも多くなってきました。
このFXには様々な方法があります。自分も実際に本を読んだりして色々な方法を試しましたが、どれもしっくりきませんでした。
そこで思ったのは、自分の生活様式に合わせて、FXだけに付きっきりにならずに行える方法を自分なりに考えることが一番大切だと実感しました。
今は中長期を視野に長い目で少しずつ利益を上げています。
日常を壊さないような自分なりの手法を見つけてください。

トレード手法の使い方

ネット上には様々なトレード手法があります。~円を数日で~億円にした方法!など、目を疑うような手法やノウハウなどが溢れるように存在しますが、FXトレード手法に関する情報があまりにも大量に有りすぎるため、どのような視点で手法に関する情報を選別するかが大切です。偶然見つけた、良さそうな手法を、とりあえず使ってみた。しかし負けてしまったので、別の手法を探します。新しく見つけた手法でもまた負けてしまい、また別の手法を探します。これでは永遠に勝つことは不可能です。

まずは1つ試してみて、自分の性格に合いそうなら他の手法は試さず、自分に合った手法のみを磨き続ければ良いです。磨く方法はMT4を使って過去検証し、デモトレードで動くチャートで練習し、実戦で小ロットで繰り返し使ってみる。こうしてくことで、1つの手法が磨かれ、使いこなすことが出来ます。1回2回試しに使ってみてダメなのは当然です。逆に運良く上手くいってしまうと、この手法は使える、と錯覚してしまいます。どんな手法でも自分なりにアレンジし続け、自分のモノにしなければ、使いこなすのは難しいでしょう。

FXを始めて慣れてきた頃に失敗しがちな事

FXは油断禁物

FXの口座開設が簡単にできるこの時代、あまり知識も無いまま始められる方も多い事でしょう。実際に自分のお金を使ってやってみて初めて分かることも多いので、お小遣い程度の金額であればむしろ積極的にやってみるべきだと思っています。

FXの取引を始めて、ルールがわかってきて次に気になるのは勝てる方法です。世の中にあるありとあらゆる手法がインターネットで調べるとたくさん載っています。その中で、自分に合うものを探していくのですがこの少し慣れた頃は色々なものに手を出してしまいがちです。結果的に、色々とっかえひっかえ試してマイナスが多くなっている体験をしたことがある方も少なくないでしょう。

色々な手法を導入する時は、取引は控えその手法を使っていたらどうなるかを見極める事が大事です。過去のチャートなどで検証すると心のどこかで都合のよい理由をつけてしまうので、現在のチャートで検証する事をお勧めします。

FXは、どんな手法を使って勝つのかという事よりも、いかに損失を少なくするかが重要です。絶対勝てる方法が無い以上、できるだけ負けない方法を確立する事をお勧めします。

FXの口座開設について

FXの口座開設については、オンラインで申し込む事が、普通となっています。FXの口座開設については、色々なところでキャンペーンが、行われています。正直、安易に口座開設をするのではなく、そのFX企業の取り扱う通貨やスプレッド、スワップ等をよく研究する事をお勧めします。

口座開設と取り引きによって、5000円から10000円をくれるFX会社が、ほとんどです。また、インセンティブとして、取り引き通貨量に応じ、ボーナスをくれるFX会社も存在します。ただ、FXをするに当たって、一万円とははした金であるのも事実であり、利益損失が、数万円という事になるケースが多いです。最近は、昔と違って、一万通貨単位でなく、千通貨単位だとしても、それぐらいの波の荒さがあります。

これは、私の経験談ですが、取り引き通貨やスプレッドが違う事により、複数のFX口座を開設していました。凄く便利でした。しかし、全部ロスカットになり、口座を閉じる時は、ややこしかったです。数千万とか数億円を動かす人は別ですが、数百万とか数十万とかなら、一つのFX口座で十分に思います。

成功体験を参考にしてFXの取引をしましょう

成功体験は大事です

FXの投資で取引がうまくなってお金をたくさん稼ぐようになれるとワンランク上の生活をすることができ、自分の人生を変えることができます。そのためFXの投資で利益を出せるようになりたいと思っている人は多いです。

そこでFXの投資でどのようにすれば利益を出せるのかというとそれはしっかりした方法で取引をすることが必要になってきます。しかししっかりした取引方法を身につけるには自分の力だけでは限界があります。

そこでしっかりした方法で取引をするにはFXの投資で成功した人の体験を参考にして取引をするのがいいと言えます。なぜなら成功をしている人というのは何らかのいい原因があるからです。そのため成功体験を参考にすることによって思わぬ発見をすることができて、その後飛躍的にFXで利益を得られるようになることも多いです。

またFXで成功した人の体験の中には精神論も結構含まれていて、こちらのほうもFXの取引をするにおいて非常に重要になってきます。

僅かなスプ差を有利なFX業者にするか検討中

FXを始める前は各社の新規口座開設の特典ばかりが気になってしまい、FX自体よりもそういった付加部分を重視しながら取引業者を選んだこともあって、日々取引する中で現在頭の中から離れないのが使用している取引業者のスプレッドの広さです。
スプレッドというものはいくら説明してもらっても実際にFXを始めてみるまではあまりピンとこないもので、私もスプレッドそのものをよく知らずに取引業者選びをしていましたし、仕方のないことだとは思うけれど別のところに移行するべきか考えています。

今使っているところも特別スプレッドが広いというわけではありませんが、やっぱり毎回のFX取引でかかるコストのようなものですし他のスプレッドの狭い取引業者を見るとそちらに魅力を感じてしまって、最近ではFXで一番頭を悩ませていることかもしれません。
ただ、スキャルピングのように頻度の多い取引スタイルではなくて、私は一日に一回くらいポジションを持つか持たないかといったデイトレとスイングの中間くらいのFX取引をしているから、乗り換えるほどかどうかという考えも同時に頭の中にあってなかなか決められないのです。

資金に余裕を持ってFXでチャンスをものにする

以前からずっとFXをしていますが、ここ数年は少しずつリスクにさらす資金を減らしていって安定性を考えた取引を心がけながら毎日のFXを行っていて、けれども単純に口座の残高を減らしているというわけではなくてレバレッジを下げて枚数を減らして相対的にリスクを軽減しているといった感じです。

それまでは資金を目いっぱい使ってFX取引をしていたこともあったけれど、ちょっとしたことで維持率が危険水域に入ってしまうことと利益方向に値が動いたときに追撃分の枚数を張れるくらいの資金を残しておこうという戦略を立てたことで、自然に資金やポジションのコントロールが上手くいくようになりました。
レバレッジを最大まで有効活用することは、絶好の機会と確信したとき以外には滅多に利用しないように気をつけて、ピラミッディングを使ってチャンスをものにするための準備のために余計なポジションは持たずに、一度に複数の通貨ペアを触ることは極力さけて一つに集中しています。

そのおかげか致命的なドローダウンもなく、少しずつ手持ちの資金が増えてきてFXが楽しくなってきました。

長期間塩漬けでFXの収益がプラスマイナスゼロになった事例

以前にある海外のFXのトレーダーは、なかなか興味深い事を経験したそうです。いわゆる塩漬け状態でのポジション保有です。

そのトレーダーは、10年位前にある外貨の買い注文を行ったそうです。ところがその外貨の価格が、大きく下落してしまいました。50円近く下落をしたので、かなりの含み損だと思うのですが。

本来ですと、50円近く下落する前にそのようなポジションは損切り決済をしますね。ところがそのトレーダーは、決済しなかったそうです。含み損の状況は10年近く続いていましたが、それでもずっと持ち続けたそうです。

結局そのトレーダーの収益はどうなったかというと、ある時にその外貨が上昇してプラスマイナスゼロになったそうです。そのタイミングで、売り決済をしたそうです。

私はそのトレーダーの精神力には、素直に尊敬します。10年近くも含み損を抱えて塩漬けのまま放置するのは、恐らく私では困難だと思うのですが。

中には、そのようなやり方をしているFXのトレーダーもいらっしゃる訳です。

FXの時間別取引手法の話。

スキャルピングは何十秒とかの異常とも言えるほどの短い時間だけやることです。儲けもかなり少ない変わりに負けも少なくなります。レバレッジを最大限使って稼ぐ手法です。
デイトレは一時期流行ったやり方ですね。一日でポジションを取るのと解消するのを繰り返すやり方です。
細かい勝ちを積み上げていき、トータルで大きな勝ちに持っていく手法です。メリットとしては持ったままにはしないので、予想外の事が起こっても関係無い所でしょう。
スイングは数日から2週間程度持っておくやり方です。情報などが大事になりますが、分析が出来るとかなり安定してしっかりと稼ぐことが出来ます。長い時は数か月に及ぶ事もありますね。
そしてポジションを解消しないです。分かり易く言えば売る事はしません。買うだけです。そしてスワップポイントでガッツリ稼ぎます。元手が必要だったり、稼いでいる感じが無い等、人を選ぶやり方ですが、流れを作る事が出来ればする事もありませんし、無用なリスクを取る必要もありません。ある意味、境地ですね。
自分の手法を分類する事で、良い部分悪い部分が明確になるので、失敗から学ぶことが出来るようになります。

FXの心得、自分のペースで行うFX投資

FXの心得
FXは、ギャンブルでも博打でもありません。一つの金融商品であり、投資です。けれど、預金や債権、株と違い、分析する事やタイミング(判断)が、物凄く重要です。為替のレートは、上がったり下がったりしますからね。
FXで利益を上げる方法は、二つあります。為替差益とスワップです。スワップ狙いの場合は、高金利通貨を所持する必要があります。高金利通貨として人気があるのは、オーストラリアドルやニュージーランドドルのようなオセアニア通貨です。為替差益を狙うのであれば、ドルやユーロのようにスプレッドの小さい通貨を選ぶ方が、勝率が高くなります。
適当に買ったり売ったりして儲けるほどFXは、甘くはありません。指標やトレンド、各国の経済状況を勉強しながら、予測を立てることが必要です。勿論、突発的な軍事衝突等により、予想が大きく狂う事もあります。為替差益が出て、もっと出ると思ったら、なくなるというケースもあります。あまり欲を持ちすぎない事が、大切です。

自分のペースで出来るFX取引
私は少し前から初めて投資を始めてみました。さらに最近では私もそうですが、今まで投資をまったくした事がない投資素人の人や主婦、もう仕事をリタイヤした人などの投資が増えているみたいです。私は投資の中でもFX取引をする事にしました。私がFX取引にした理由としては、FX取引は証拠金取引という仕組みで取引をするので、最初は少ない資金からでも始める事が出来る投資です。元手よりも多くの金額を投資する事をレバレッジと言います。そのレバレッジを利かせれば、小さい元手で大きな利益を得ることが可能になります。さらにFXの外国為替市場は、24時間眠らずに取引が行われているので、自分の時間に合わせた取引がリアルタイムで出来るのも魅力の一つだと思います。手数料も外貨預金などに比べて圧倒的に安いです。現在では様々な会社がFX取引に参加しているので、それで手数料が安くなっているのもあるかもしれません。最後に私がFXに決めた理由としては、株式投資などに比べて簡素なところです。株式投資の場合、数千社という膨大な数の上場企業から銘柄を選びます。これだけの銘柄を研究、情報収集するのには時間がかかり過ぎます。しかしFXの場合は対象が限られいるので、それだけ情報収集しやすく、対策も立てやすいのが私にはあっていると思い始めました。