スワップポイントによる収益

FXにはスワップポイントという収益があります。これは金利差がそのまま収益、もしくは損失となるもので毎日加算されていく仕組みになっています。FXはレートの変動で差額を利益にするというイメージが強いですが、この金利差を利用した収益のあげ方もあるのです。
このスワップポイントによる収益は、原理的には外貨預金による利益と同じものです。しかし外貨預金は手数料が非常に高いため収益が半分近くにまで落ち、さらに銀行窓口での取引レートで取引をすることになるためスプレッドが異常に広いというデメリットがあります。その点FXでのスワップポイントならば手数料なし、スプレッドも狭いというメリットがあり、しかもレバレッジをきかせることもできるのです。
スワップ向けの通貨ペアとしてもっともおすすめなのはオーストラリアドル円かニュージランドドル円です。両者ともに資源の豊富な国の通貨であり、とても底堅いという特徴があります。チャートを見ればわかりますが、10年単位で一定の幅において推移しており、他の資源国通貨のような不安定さはまったくありません。資源国なので輸出先の工業生産、ひいては景気の動向に大きく左右はされるものの底が割れる心配はあまりなく、経済の復帰も早いので安心して投資できる通貨ペアだといえるでしょう。
さらに金利が高く、スワップによる収益が大きい通貨ペアとしては南アランド円があります。昔から高金利の通貨として知られており、景気が良い時には10%を超える異常なまでの高金利で多くのトレーダーを魅了しました。しかし、政治的、経済的に不安定な要素が大きく、長期的な視点で見ると円に対してその価値は下がり続けています。比較的下げ幅が緩やかな期間をとってスワップを得られれば、レートの下げによる損失をカバーしてもまだ利益をあげることはできますが、いつ大きな下げが来るかも知れず、ハイリスクな通貨ペアだと言えるでしょう。最近は比較的安定していますが、それでもまだ数年程度なので、この先どうなるかは不透明というのが現状です。

FXはそこまで怖いものではない

FXについての悪いイメージばかりが強調されているように感じることがあります。
例えば「FXで破産した」などと聞くとまるでFXをすることが破産の原因かのように思われてしまい、勘違いだと思ってしまうことがあります。

実際にFXをやって見れば分かりますが普通に取引をしているだけで破産するほどの損失はまず起こりません。
そもそも、破産するような額を取引していること自体が問題なのであって、FXが悪いわけではないのです。

FXは株よりも大きな金額を動かすことが出来ます。
私にとって金融取引と聞けば初心者向けでは「FX」と「株」の二つが頭に思い浮かびます。
それくらい知名度はあるので、だからこそ多くの人が利用している取引でもあります。

FXの良さを簡単言えばレバレッジを掛けて大きな金額を動かす事かもしれませんが、私にとっての魅力はレバレッジよりも取引のシンプルさだと思います。
FXは株とは違ってバランスシートや会社の利益などの複雑な分析は必要ありません。
もちろんFXにも知っておくとよい金融指標などはありますが、初めての人がいきなりいろいろと頭に入れても仕方がないのでチャートの見かたくらいを知っておくだけで十分だと思います。

大前提として大きな金額を振り込んで取引しないことは重要です。
FXは確かに手軽に大きな金額を動かすことが出来ます。
レバレッジと呼ばれるものがあるからで、それを利用すれば国内のFX会社だと最大25倍ものレバレッジ、つまり手元にあるお金の25倍もの金額を取引することが出来るのです。

取引金額が大きくなれば利益も出やすくなります。
それと同時に損失も出やすくなります。
利益や損失の額は取り扱う金額、もっと言えば取引金額の大きさに比例して大きくなります。

目先の利益に飛びついて大損をした人を何人も見てきましたからFXの持っている怖さも理解しているつもりです。
けれども、手軽に始められるメリットと取引方法もシンプルであることを知ったうえで最低限度のリスクについての理解や損失管理をしてFXを利用してほしいのです。

スマホでFXとFXトレードで安定収入

スマホでFXをするのに向いた業者探し

私はFXを始めるときに友人の口コミやホームページでの情報収集を念入りに行ったのですが、その理由としてはスマホで快適にFX取引ができるかどうかという点が多忙で家を空けることの多い私にとって最も重要だったのです。
専用のアプリを用意していてなるべく高機能のツールを備えたものが理想だけれど、そのあたりは実際にFXを開始してみないと体感としてわからないと思ったので、最低限でも出先で情報を得られるようにFX関連のニュースを手軽にチェックできるかどうかは外せませんでした。

それに加えて欲をいえば、チャートの見易さと使えるテクニカル分析のツールが豊富なことを求めていて、スマホのアプリでそれなりに本格的な分析を行うのはパソコンに比べて難しいのはわかってはいるのですが、取引の精度に関わる部分でもありますしあまり妥協したくはないのです。
そうして三社程度に絞ってFX口座を開設してみて思ったことは、FX会社のカラーがスマホアプリにも出ていてどれも違った特徴があることを知ったので、最終的に口座は一つに絞ったけれどニュースやチャートはそれぞれのアプリを使い分けてスマホでFX取引をしています。

FXトレードで安定収入が可能

 

FXトレードを利用することで、安定した収入を期待することもできます。
そういったFXでは多くのトレード方法があり、やり方があります。
初心者にもオススメの方法としては、FXを利用した外貨預金になっています。
銀行などを利用した外貨預金よりも高い利回りを実現することができるものとなっています。
FXではレバレッジなどを活用することで、通常の数倍から数十倍の利益を生むことができます。
そういった外貨預金でオススメの通貨としては、ニュージーランドドルがあります。
ニュージーランドは現在、非常に好景気になっており、バブル状態になっています。
住宅価格などが上がっているため、政策金利を引き上げを行う状況となっています。
この政策金利が上がると、外貨を購入した場合のスワップポイントなども高くなるので、ニュージーランドドルを持ち続けるだけで、毎日高いスワップポイントをもらえることになるのです。
スワップポイントはお金として扱われるものとなっています。

宇宙船の音/オーストラリアドルのWトップ

宇宙船の音

私は以前に、FXの取引で宇宙船のような音を聞いた事があります。その音は、あるFXの業者が提供していたツールだったのです。
例えば現在の為替レートが1ポンド121円だとしましょう。そして「ポンドの価格が121.5円という上値抵抗線を抜ければ、上昇する」と予想したとします。そのような場合、121.5円に到達した時点で、いち早くその情報を知りたい場合があります。121.5円到達時は、買いチャンスだからです。
そこで当時の私は、あるFXの業者が提供していた価格通知の機能を利用していました。121.5円に到達すると、パソコンから宇宙船の飛行音が流れてくるのです。ちょっとパソコンの前を離席していた時も、その音を聞くや否や私はパソコンの前に移動していました。あれはなかなか良いツールだったのですが。
このようにFXの業者によっては、「音によって為替レートを通知してくれる」ツールを提供してくれている場合があります。そのようなツールを使いこなすと、取引も随分とやりやすくなるのではないでしょうか。

 

オーストラリアドルのWトップ

オーストラリアドル/ドルは、4時間足でみるとWトップやWボトムの発生が多いです。
ではどんな時に発生し易いかというと、例えばWトップならエントリーはショートになるので、4時間足でダウントレンドになっている最中にWトップでのショートエントリーを狙います。4時間足にMAを表示させ、MAが下向きになっているときに、レジスタンスラインに到達したチャートが超えられずに反転しそうになったらショートをします。間違っても、4時間足でアップトレンド中にレジスタンスを超えられず反転下落しそうだからといってWトップ狙いのショートはしないほうが良いです。トレンドに逆らってエントリーするわけですから、絶対とはいかなくても、出来ればトレンドの流れに沿ってエントリーするほうが成功確率が高いのでオススメです。
Wボトムも同じで、ロングをしますから、4時間足でアップトレンド中にサポートで反転上昇しそうなときにロングします。過去数年間のチャートを見てみると結構W反転で大きく動いているときがありますので、ぜひ確認してみてください。

FXの魅力・FXの業者に万が一のことがあったら

FXの魅力

FX取引を取引する上で忘れてはならないことは、FXの業者に証拠金を預け入れて通貨を取引していることを頭の片隅においておかなければならないと思います。つまり、FXとは自己資金だけで通貨を取引する以外に、自己資金を証拠金として預けることで自己資金にレバレッジをかけて自己資金の何倍ものお金を取引することができるのです。

そのため、通貨相場が大きく動くと一回FXで証拠金として預け入れているお金のほとんどを失う取引をしてしまうかもしれません。しかし、それと反対にうまい取引を行なうことができれば、短期間で資金回転させることで、金融資産を一年間で数倍いや10倍以上に増やすことが理論的には不可能ではないのがFXの取引の魅力だと思います。

しかも、昼間サラリーマンとして働く私たちでもFXの取引時間は長いので、サラリーマンが家に帰れる時間でもリアルタイムで通貨の値動きをこの目で実際に見ながらFXを行なうことができることもFXの魅力の一つだと思います。

 

FXの業者に万が一のことがあったら

FXの投資は人々にとっていろいろな魅力があるので、始める人も年々増えている状況です。

そしてFXの投資を始めるためにはまず取引をするための口座を作る必要があるのですが、そのためには口座を作るためのFX業者を選択する必要があります。

しかし現在の世の中においては長い間不況が続いていて、ここ数年はアベノミクスの影響で少し上向きになったとは言え、いつ何か起こるかわからない状況です。そのため取引をするための口座を作ったFX業者にも万が一のことが起こる可能性がゼロというわけではありません。

そしてFXの投資を始めてから、利用している口座を作ったFX業者に万が一のことがあった場合、口座に預けていたお金はどうなるのかという心配もありますが、このような場合FX業者は信託銀行に顧客の資産を預けることが義務つけられているので、仮に利用しているFX業者が倒産してしまっても、返ってこなくなるということはありません。
そのためFXの投資は安心してすることができる状況になっていると言えます。

FXの投資とチャートの分析

利益を出すチャンスが多いFXの投資

FXの投資はたくさんのお金を稼ぐことができるのが魅力の投資ですが、それ以外にもいくつかの魅力があり、その中の一つに利益を出すチャンスが他の投資よりも多いということがあげられます。

そしてなぜFXの投資は利益を出すチャンスが多いのかというとまず外国為替の取引は基本的に平日であれば24時間取引をすることができるからです。なぜなら外国為替の取引は日本だけで行われているわけでなく欧州やアメリカなど世界中で取引をされているからです。そのため株式の売買のように平日の昼間だけでなく、夜や夜中も取引をすることができます。

それからFXの投資は買いからだけでなく売りからも取引をすることができます。そのため日本の経済が円安の場合だけでなく円高の場合でも利益を出すことが可能です。そのためあまり経済状態に影響されることなくできる投資であると言えます。

このようにFXの投資は利益を出すチャンスが多いので、社会人の人も副業としてやっている人が多いです。

チャートのパターン分析でFXの取引

為替は上がったり下がったりを繰り返してチャートを形成するので、そんな値動きの中に一定の法則を見出せないかと思ってエリオット波動の本を見ながら主に終値に着目して、パターン分析が当てはまるか否かを捉えられるように神経を使っています。

そうしてチャートを凝視していくうちにこういったパターンを使ってFXをするのもオカルトだけでは片付けられない市場の心理が関係していると気づいて、エリオット波動から取引手法を作り上げていくのも悪くない感じだと思い、移動平均線と組み合わせて独自の手法を確立させようと思ったのです。

それには第2波を形成する期間内でエントリーすることが、値幅を狙うことができて大きな利益を生み出すことに繋がりますが、形成されたと確信できるときは既に第3波に入っているときなのでなかなか良いタイミングをつかむ事が困難ですし、今は第1波の半値あたりを目処にしています。

あとはこの手法が効果を発揮する、トレンドを作りそうな値動きをいち早く察知できることが今の課題かもしれませんが、移動平均線が動きを見せていないときにはエントリーを見送るというルールを作るだけで結構FXで稼げるようになってきました。