FXによる納税手続きと経費

FXで売買をするとなると、たまに税金が気になる事があります。特にFXを本業として行っている方にとっては、とても気になる問題かと察します。

この金融商品で利益が発生すると、納税手続きが必要になります。基本的に還付にはなりませんね。ちなみに税率は、約20%程度なのですが。健康保険なども含めれば、もう少し高くなるかもしれませんね。

ところで納税となると、経費の問題が浮上するのです。まず大原則として、この金融商品で発生した利益は雑所得と見なされる事が多いです。給与所得とは異なりますね。

そして雑所得が発生した時には、必要経費も絡んでくるのです。その経費次第では、払う税金が低くなる事があります。多くの経費がかかっていれば、その分納税額も多少低くなる訳です。

また人によっては、その投資商品でかなり多くの利益が発生している事もあるでしょう。そのような時には雑での所得ではなく、事業と見なされる場合もあります。その時にも、やはり経費の問題が浮上するのですね。

ではこの金融商品で売買を行った時にはどのような物を経費として見なすことができるかというと、例えば通信料金です。この商品では、まず間違いなくネット媒体が必要になります。ですのでネット回線の使用料などは、いわゆる経費として計上できる事が多いです。

またこの金融商品での利益を求める為に、パソコンを購入している事もあるでしょう。その時にも、やはり経費として計上できる事があります。

またどこかのセミナーに出席した時にも、色々と料金がある事がありますね。それも経費と見なされる場合があります。

ただどのような物が経費として認められるかは、正直税務に詳しい方に相談をするのが無難だと思います。やはり税務職員の方に相談をするのが、一番無難ではないでしょうか。

思えば最近では、FXで生計を立てている方々も増えつつあるようです。以前は税務職員はそのような経費に対しては、明確な回答を出す事ができなかったようですね。税務職員としても、そもそもFXがどのような商品かがよく分からなかったからです。

しかし最近では、この金融商品はだいぶ浸透してきました。ですので税務署に尋ねてみれば、恐らく明確な解答は得られると思います。