ポジショントレードとは

ポジショントレードは、デイトレードやスイングトレードと違い、数週間から数カ月に割ったってポジションを持つトレードです。
スワップ狙いもポジショントレードになります。
ポジショントレードの良い所は、相場の変動に振り回されないから、サラリーマンなどは仕事中に為替の動向を気にしなくて済みます。
ただ相場動向を気にしない時はレバレッジを低く設定しなければならないです。
ポジショントレードは、長期で保有するから取れる値幅も大きく、買いならばスワップポイントが入ってきます。
ただ欠点として予測を間違えれば、長期間収益を得るチャンスを失います。
そして損失になる値幅も大きく、スワップポイントが付いていたとしても、カバーできない損失になります。
マイナススワップの大きい通貨は、スワップでのマイナスのリスクを恐れて、投資に踏み切れないです。
ポジショントレードに合う通貨ペアは上げ下げが激しくなく、大きな波を形成する通貨ペアです。
それとスワップ狙いで高金利の通貨とのペアが選ばれています。
ポジショントレードのやり方として買いならば、十分に売られて下がりまくった時に仕込みます。
売りの場合は逆に十分に上がりきってから売ります。
ただポジショントレードは予想が外れる場合がありますから、リスクを避けたい人は、注文が成立した後に逆指値注文を入れます。
そしてポジションを取った後はそのまま放置します。
引き続き経過を観察していると、儲かっていても相場が反転してマイナスのなるのを恐れて早く利確して、ポジショントレードを台無しにしてしまう場合があります。
損をしている場合はこれ以上の損失を恐れて損切りしてしまいます。
だからポジションを取った後は気が向いたらチェックする程度で相場を確認することです。
人によってはテクニカル分析をして、いつ頃利確タイミングになるかを計算して、その時しか見ない人もいます。
それくらい徹底していないと心配でポジションを外す失敗をしてしまいます。