FXは売買のタイミングが大事

FXは気軽に出来る資産運用として便利な商品ですが売買のタイミングを間違えると多大な損失を抱える恐れのある商品でもあります。私は初めてFXをやった頃に儲けが出てるからと自分の実力を過信し、まるで世界経済を把握している人物かのように友人にアドバイスしたりと偉そうにしていました。

その結果アメリカの雇用統計等の発表において「アメリカ経済はこういう状況だから」と思い込み、安易に買いのポジションを持ち続けてしまうという行動をとりました。この時雇用統計は予想よりも指標が悪化して一気に円高が進行。今まで儲けていたものがこの時全て無くなりました。

私はこの経験から重要指標の発表の前には全てのポジションを手じまう事にしています。人は儲けが出てくると「自分はすごい奴なんだ」と錯覚してしまう恐れがあります。しかし私のような素人で第一線で活躍しているわけでもない人間が予想など出来るはずがありません。

FXは変動が激しくハイリターンを狙えますが同時にハイリスクな商品であると認識しておく必要があります。絶対に生活に必要なお金で取引はしない方が良いと思います。余裕資金を使って利益と損失を繰り返しながら何年後かに多くの利益を手にしたら良いといった投資を楽しみながら行う事も大切です。

世の中にはFXの専業トレーダーとして活躍されている方もいますが私には難しいようです。専業で行っている方は売買のタイミングがとても上手いです。事前に利確と損切りラインを決めておいて自分が作ったルールを必ず守っています。これは並大抵の精神力では出来ないと思います。

儲けていれば「もっと稼げる」損していれば「損を取り戻す」という気持ちが先行してしまいますが大事なのは売買のタイミングだと思います。FXは必ず儲かる商品ではありません。欲と戦いながら売買のタイミングを明確にして自分の決めた利確と損切りラインを厳格に守るという姿勢が大切です。それが出来ないと利益を出していくのは難しいと思います。

スプレッドで比較するFX業者の賢い選び方

FXという言葉も一般的になってきている現代では、FX業者のサービスも充実してきており、希望に合ったサービスを選ぶということが重要になってきております。特にスプレッドなどは取引ごとに大きな影響を与えますのでしっかりとチェックすることが重要です。上手にFX業者を選択するということは、非常に為替取引としての結果にも影響がありますので、出来るだけ効果的な観点でご利用することも重要だと感じております。現代の為替取引をはじめインターネットトレードに関してはトレード技術も多様な時代になっておりますし、取引を希望される人々に認められているようです。FXというジャンルは多角的に進化をしてきており、資金の管理方法に関しても多様化する傾向になってきていて、非常に投資という意味でも効率性のあるものなどになってきております。現代ではFXの魅力は、為替取引専用のウェブサイトでも高い評価でありますし、信頼度の非常に高い内容へと進歩してきております。FXをはじめとするネットトレードにはとても大きなアピールポイントがありますので、出来るだけ効果的な視点でご活用してみるのも重要だと思います。さらに、外為取引やネット取引については、アフターケアサービスなどの整備されてきており、誰でも信頼されるプランニング内容へと進歩していると実感しています。今では、インターネットサイトでも好評価になり、実績の豊富なサービスへとなってきております。特にインターネットが活用される現代のインターネットトレードにおいてはトレード手法も多様化する時代であり、参加希望されているという方々に、安心してご愛用されるようになっています。総合的に為替取引やネットトレードなどのマネージメントに関しても進化してきており、かなり充実したサービス内容へと成長してきております。また外貨投資や外為取引方法も資産サポートサービスをはじめ初心者の相談窓口が用意され、多くの方からも信頼されるサービスになっています。

FXの口座を作るまでにどれ位の日数を要するか

FXでの投資を考えている方によっては、ちょっとスピードを求めている事があります。一刻も早く資産を増やしたいので、口座を早く作りたいと考えている方も中にはいらっしゃる訳です。
では具体的にはどれ位の早さで口座を作る事ができるかというと、正直それは会社次第ですね。早い会社は本当に早いです。
平均的には、やはり海外の会社はスピーディーに口座を作れる傾向があります。口座を作る為の申請をしてから、10分もかからずに作れる所もあります。
ただし海外の会社も、やはりそれぞれ異なりますね。一般的には上記のように即日に口座を作れる事が多いですが、中には1週間ほどかかるような所もあります。
そして海外ではなく日本の会社の場合は、もう少し時間がかかる事が多いです。基本的には、どれだけ早くても1日かかると考えて良いでしょう。
というのも日本の会社では、どうしてもパスワードの郵送が必要になります。海外の会社のように、メールで送ってくれる訳ではありません。都内に住んでいる方であれば、基本的には翌日にはパスワードが送付されると考えられます。しかし北海道や九州地域の方々の場合は、ちょっと口座を作るまでに時間がかかるでしょう。
また日本も、やはり海外と同じく会社によって色々ですね。1日で取引ができるようになる会社もあれば、中には1週間程度を要する所など様々です。
ただし上記の話は、FXの本番の口座です。この投資商品には、本番以外にデモがありますね。いわゆる仮想のお金を動かす商品になりますが、それはスピードがとても早いです。なぜなら海外の会社と同じで、パスワードは郵送ではないからです。メールを用いてそれが送られる事になりますので、基本的には即日にそのデモでの売買ができると考えて良いでしょう。
ですのでFXで口座を作るまでのスピードが、やはり会社によって色々と言えますね。一般的には海外はスピーディーで、日本は少々時間がかかる傾向がある訳です。

FXで無料になる3つのものとは

FXという投資商品を提供している会社は、しばしば無料という点をアピールしている事が多いです。各会社の公式サイトなどを見てみると、かなり目立つように無料と記載されている事がありますね。

この投資商品で無料になる事が多いのは、主に3つあります。

まず1つ目ですが、その会社に対してお金を預ける時です。金融会社が取り扱っている商品になりますので、基本的には振り込みでお金を預ける事になります。そして多くの会社は、その振り込み手数料を無料と設定してくれているのです。つまり入金をする時の手数料は、会社の方が負担してくれる訳です。

2つ目なのですが、その逆の出金ですね。金融会社に対してお金を預けたのであれば、もちろん最終的には出金手続きを行う事になります。その際の手数料も、無料と設定されている会社が大変多いのです。現在の日本国内のFXの会社の中で、約6割前後は無料と設定されている状況ですね。もっとも中には例外の会社もあるのですが。

そして3つ目の無料システムですが、口座維持費用です。実は会社によっては、その費用が有料になる事があります。例えばある大手の会社の場合は、口座維持の料金がかかります。詳しくは覚えていませんが、確か毎月数百円前後だったと記憶しています。

そしてFXの会社の場合は、たいていその維持費用は無料と設定されています。分かりやすく言えば、銀行の口座に近いですね。銀行の口座に預けている分には、何かお金が徴収される事は無いでしょう。無料で口座を使える訳です。FXという金融商品も、それはほぼ同じなのですね。

ただし「全て」の会社が、それを無料と設定しているとは限りません。中には維持費用が発生する所もあるのです。特に海外の会社などは、そのようなパターンがとても多いですね。売買頻度が少ないとなると、維持費用が発生してしまう海外の業者もありますので注意が必要です。

以上の入金と出金と維持費用という3つは、FXという投資商品では「無料」になっている訳です。

FXによる納税手続きと経費

FXで売買をするとなると、たまに税金が気になる事があります。特にFXを本業として行っている方にとっては、とても気になる問題かと察します。

この金融商品で利益が発生すると、納税手続きが必要になります。基本的に還付にはなりませんね。ちなみに税率は、約20%程度なのですが。健康保険なども含めれば、もう少し高くなるかもしれませんね。

ところで納税となると、経費の問題が浮上するのです。まず大原則として、この金融商品で発生した利益は雑所得と見なされる事が多いです。給与所得とは異なりますね。

そして雑所得が発生した時には、必要経費も絡んでくるのです。その経費次第では、払う税金が低くなる事があります。多くの経費がかかっていれば、その分納税額も多少低くなる訳です。

また人によっては、その投資商品でかなり多くの利益が発生している事もあるでしょう。そのような時には雑での所得ではなく、事業と見なされる場合もあります。その時にも、やはり経費の問題が浮上するのですね。

ではこの金融商品で売買を行った時にはどのような物を経費として見なすことができるかというと、例えば通信料金です。この商品では、まず間違いなくネット媒体が必要になります。ですのでネット回線の使用料などは、いわゆる経費として計上できる事が多いです。

またこの金融商品での利益を求める為に、パソコンを購入している事もあるでしょう。その時にも、やはり経費として計上できる事があります。

またどこかのセミナーに出席した時にも、色々と料金がある事がありますね。それも経費と見なされる場合があります。

ただどのような物が経費として認められるかは、正直税務に詳しい方に相談をするのが無難だと思います。やはり税務職員の方に相談をするのが、一番無難ではないでしょうか。

思えば最近では、FXで生計を立てている方々も増えつつあるようです。以前は税務職員はそのような経費に対しては、明確な回答を出す事ができなかったようですね。税務職員としても、そもそもFXがどのような商品かがよく分からなかったからです。

しかし最近では、この金融商品はだいぶ浸透してきました。ですので税務署に尋ねてみれば、恐らく明確な解答は得られると思います。

あるFXの業者の顧客対応の質が良いと思った私

先ほど私は、あるFXの業者に電話をしました。その業者は私が普段から用いている所なのですが、ちょっと操作方法で不明な点があったのです。ちょっと画面の構成が複雑な業者ですので、たまに操作方法に迷ってしまう事があるのですね。

そのような時には、もちろん業者に問い合わせをするのが適切です。大抵の業者ではフリーダイヤルも完備してくれていますので、そこで問い合わせをしてみれば直ちに答えを得られる事が多いからです。

ところで私は問い合わせをしてみた結果、結局操作方法は分かりました。とても簡単な事だったのですが。

ただ私はその業者に問い合わせをする時に、1つ気が付いた事があります。顧客対応がとても丁寧だったと思ったのです。

電話に出てくれたのは、ある女性のオペレーターの方でした。ある程度システムに慣れているような雰囲気が感じられましたね。

その方は私の質問に対して、とても熱心に耳を傾けてくれていると思いました。何となく声の調子から、そのような感覚が伝わってきたのです。

そして私の質問に対しても、とても上手い答え方をしてくれたと思います。非常に分かりやすい表現を用いて説明をしてくれましたので、操作方法が分かるまでに要する時間も短かったですね。

他の業者の場合は、そうとは限りません。私が伝えたいことが相手に伝わるまでに要する時間は、もう少しかかってしまう業者もあります。また顧客対応があまり良くない業者も、中にはあるのですが。

しかしそのFXの業者の場合は、とにかくとても熱心だと思いました。

思えば電話対応というのは、会社の顔という意見もありますね。電話対応がしっかりしている所は、システムなども充実している事が多いと言われています。その逆の対応をしている業者であれば、その逆のシステムになっている可能性もあるのですが。

どちらにしても私は、良い所のFXの口座を持っていると思います。良い業者で取引ができて、本当に幸運だったと思う次第です。

私が採用しているFXの取引手法の弱点は雇用統計

最近私が採用しているFXの手法は、かなりシンプルです。正直大きく稼ぐような方法ではありませんね。非常に手堅く、コツコツ稼ぐような方法です。
その手法を採用してから、私はほとんど損失が発生しなくなりました。堅実な手法を採用したので、それも当然なのですが。
しかし私の手法にも、実は1つ弱点があります。雇用統計ですね。
ある程度FXに慣れてくると、この雇用統計というタイミングは要注意という点がよくお分かりになると思います。とにかくレートが激しく動きますので、色々な意味で重要局面であることは確かですね。
そして私のやり方の場合は、そのタイミングではポジションを取らないようにしています。というのもそのタイミングでポジションを取ってしまいますと、損失が発生する可能性が高まるからです。
私のやり方の場合は、全てが指値です。いわゆる成り行きの注文を用いません。
そして雇用統計のタイミングで指値が発動してしまうと、ちょっと大変な事になりかねないのです。なぜなら自分が注文していたレートから、大きく離れてしまうことがあるのです。
例えば以前に、確か私は米ドルを用いて101円のタイミングで買いたいと思っていました。そこで指値を入れておいたのです。
ところがタイミング悪く、雇用統計になってしまいました。101円のタイミングで新規の買い注文ができるかと思いきや、それとは大きくかけ離れたレートで発注されてしまったのです。確か101.3円ぐらいだったような気がします。
買い注文をしたい時に0.3円分も高く買わされてしまうのは、かなり大きな痛手ですね。それを教訓に、以後私は雇用統計が発表される時には全ての指値をキャンセルするようにしています。一歩間違うと、かなり大きな損失が発生してしまう可能性があるからです。
このように独自のFXの取引手法を採用していると、指標で思わぬ損失が発生してしまう可能性があります。指標が発表される時には、基本的にポジションを持たないのが一番良いと思う次第です。

FXは参加しやすい投資

FXの特徴は、他の投資と比べて非常に参加しやすい投資であることが挙げられます。
これはFXと並んで最も人気のある投資の一つである株取引と比較すれば一目瞭然で理解できます。
基本的に、株取引のように投資として会社に出資をする取引では、一度の取引で非常に大きなお金が必要になります。
なぜかと言うと、単位株の制度があるからです。
会社に対して出資をするときには、一度の取引で一つや二つの株を買うのではなく、100株、1000株とまとめて購入しなくてはいけません。
もちろん、単位未満の株も存在するのですがこうした株は一般的に低位の株となっていますので、購入できる銘柄に制限ができてしまいます。
そのため、株取引をするためには一定以上のお金を前もって用意しなくてはいけません。
しかし、FXの場合ではこのような心配がないのです。
なぜかと言うと、小さな資金であってもレバレッジによって多額の取引を行うことができるようになるからです。
FXにも一度の取引で多くの通貨を購入しなくてはいけないような決まりがあるのですが、レバレッジを利用すれば約20倍近くの取引が出来るようになりますので、手元に10万程度のお金があれば満足のいく取引を実現出来ます。
また、株取引と比べてFXが極めて優れているのは、普通に取引をしていれば持っている資金が絶対に0円になってしまうということはありえないことなのです。
レバレッジを利用せずにFXをやっている場合には、通貨の価値が全くの0になってしまう事態そのものが発生することが考えられないので、たとえ負けてしまったとしても何%かは必ず手元にお金が残ることになります。
しかし、株取引のように会社の存在価値に依存するやり方だと、会社の経営が悪化して倒産したときにはその株価の価値は全くの0円になってしまい、紙くずになってしまうのです。
つまり、その点のリスクは絶対に回避することができません。
このように、FXは他の投資と比べても非常に参加しやすい取引だと言えるのです。

FXでドローダウンを参考にする

FXの業界には、色々な用語があります。その中の1つに最大ドローダウンというものがあります。このドローダウンという用語は、主にFXの自動売買で用いられます。
そもそもこの金融商品で自動売買をする為には、何らかの売買ルールを選択する必要があります。その売買ルールには、過去の成績が記録されているのです。その成績の1つが、ドローダウンなのですね。
そのドローダウンが何を示すかというと、主に2つあります。
まずどれ位の損失が発生するかの想定です。基本的にドローダウンの数字が大きければ、損失の想定額も大きくなります。ドローダウンが40%の売買ルールAと、20%の売買ルールBがあるとしましょう。AとBを比較しますと、Bの方が過去における損失が大きかった訳です。このためAの方は、若干ハイリスクな一面がありますね。もしもローリスクな売買ルールを選びたいのでしたら、ルールBを選択する事になるでしょう。
そしてもう1つなのですが、最大ドローダウンは波の大きさも示します。売買ルールによって、利益と損失の波は異なるのです。上記のAとBを比べると、Aの方はちょっと損失と利益の波が大きいという訳です。このため安定した利益を期待している場合には、Bの方が良いと思います。
このように最大ドローダウンに注目すると売買ルールの成績がある程度分かってくるのですが、1つ気をつけた方が良い点があります。その数字は、過去の数字を元に算出されている点です。過去は過去であって、未来に通用するとは限りません。現在のAとBは上記のような状況ですが、もしかするとBは今後ドローダウンが50%を超える可能性もあるのです。あくまでも現時点での数字ですので、それを過信しすぎないように気をつけた方が良いと思います。
しかし各ルールを比較する上での基準になる事だけは確かですね。最大ドローダウンは万能ではありませんが、それでも各ルールを比較する時には大いに参考になるでしょう。基本的にはドローダウンの数字が少ないものを選ぶのが良いと思います。

FXのリスクと不眠症

私は、FXでは真夜中にポジションを持たない方が良いと思います。その理由ですが、眠れなくなる可能性が高いからです。
初心者の頃、私はちょっと悪いポジションを持ってしまった事がありました。悪いポジションなので、ある時に大きな損失が発生してしまったのです。
しかし私はその時に頭が加熱していて、「今は損失が発生しているが、今後は戻ってくれる」などと思い込んでいました。実際は戻らなかったのですが。
その悪いポジションを抱えたまま寝るのですが、値動きが気になって仕方がありませんでした。何とか良い方向に戻ってくれないだろうかと、淡い期待感などによって夜中に目が覚めてしまいます。そのような日々が何日も続き、とうとう不眠症になってしまった事があります。
ちなみにその悪いポジションは、結局損切りをしたのですが。今考えると、もう少し早く損切りをしておけば良かったと思いますね。そうすれば不眠症にならずに済んだかもしれません。
それを教訓にして、私は「寝る前にはポジションを持たない」というルールを作りました。たとえ利益が発生する確率が高くても、ポジションを持たないようにしたのです。
それを考えると、デイトレードは理に適っていると思います。デイトレードというのは、その日に作ったポジションをその日の内に決済するやり方です。デイトレードのルールならば、必然的に寝る前にはポジションを持たなくなります。またスキャルピングなども、悪くはないと思いますね。
不眠症になるリスクを考えると、私には恐らくスイングトレードは不向きだと思います。
ただ、それは恐らく私だけではないと思います。私のように「真夜中の為替レートの値動きが気になって、眠れない」という経験をした方々は世間では非常に多いと思います。
FXというのは、24時間取引ができる商品です。たとえ真夜中でも取引ができるのは、確かに大きなメリットだと思います。しかしそれが理由で不眠症になる可能性があるのも、忘れてはならないと思いますね。