FXはそこまで怖いものではない

FXについての悪いイメージばかりが強調されているように感じることがあります。
例えば「FXで破産した」などと聞くとまるでFXをすることが破産の原因かのように思われてしまい、勘違いだと思ってしまうことがあります。

実際にFXをやって見れば分かりますが普通に取引をしているだけで破産するほどの損失はまず起こりません。
そもそも、破産するような額を取引していること自体が問題なのであって、FXが悪いわけではないのです。

FXは株よりも大きな金額を動かすことが出来ます。
私にとって金融取引と聞けば初心者向けでは「FX」と「株」の二つが頭に思い浮かびます。
それくらい知名度はあるので、だからこそ多くの人が利用している取引でもあります。

FXの良さを簡単言えばレバレッジを掛けて大きな金額を動かす事かもしれませんが、私にとっての魅力はレバレッジよりも取引のシンプルさだと思います。
FXは株とは違ってバランスシートや会社の利益などの複雑な分析は必要ありません。
もちろんFXにも知っておくとよい金融指標などはありますが、初めての人がいきなりいろいろと頭に入れても仕方がないのでチャートの見かたくらいを知っておくだけで十分だと思います。

大前提として大きな金額を振り込んで取引しないことは重要です。
FXは確かに手軽に大きな金額を動かすことが出来ます。
レバレッジと呼ばれるものがあるからで、それを利用すれば国内のFX会社だと最大25倍ものレバレッジ、つまり手元にあるお金の25倍もの金額を取引することが出来るのです。

取引金額が大きくなれば利益も出やすくなります。
それと同時に損失も出やすくなります。
利益や損失の額は取り扱う金額、もっと言えば取引金額の大きさに比例して大きくなります。

目先の利益に飛びついて大損をした人を何人も見てきましたからFXの持っている怖さも理解しているつもりです。
けれども、手軽に始められるメリットと取引方法もシンプルであることを知ったうえで最低限度のリスクについての理解や損失管理をしてFXを利用してほしいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>