FXは参加しやすい投資

FXの特徴は、他の投資と比べて非常に参加しやすい投資であることが挙げられます。
これはFXと並んで最も人気のある投資の一つである株取引と比較すれば一目瞭然で理解できます。
基本的に、株取引のように投資として会社に出資をする取引では、一度の取引で非常に大きなお金が必要になります。
なぜかと言うと、単位株の制度があるからです。
会社に対して出資をするときには、一度の取引で一つや二つの株を買うのではなく、100株、1000株とまとめて購入しなくてはいけません。
もちろん、単位未満の株も存在するのですがこうした株は一般的に低位の株となっていますので、購入できる銘柄に制限ができてしまいます。
そのため、株取引をするためには一定以上のお金を前もって用意しなくてはいけません。
しかし、FXの場合ではこのような心配がないのです。
なぜかと言うと、小さな資金であってもレバレッジによって多額の取引を行うことができるようになるからです。
FXにも一度の取引で多くの通貨を購入しなくてはいけないような決まりがあるのですが、レバレッジを利用すれば約20倍近くの取引が出来るようになりますので、手元に10万程度のお金があれば満足のいく取引を実現出来ます。
また、株取引と比べてFXが極めて優れているのは、普通に取引をしていれば持っている資金が絶対に0円になってしまうということはありえないことなのです。
レバレッジを利用せずにFXをやっている場合には、通貨の価値が全くの0になってしまう事態そのものが発生することが考えられないので、たとえ負けてしまったとしても何%かは必ず手元にお金が残ることになります。
しかし、株取引のように会社の存在価値に依存するやり方だと、会社の経営が悪化して倒産したときにはその株価の価値は全くの0円になってしまい、紙くずになってしまうのです。
つまり、その点のリスクは絶対に回避することができません。
このように、FXは他の投資と比べても非常に参加しやすい取引だと言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>